2012年02月02日

2月2日 国会事故調「原子力組織改革法案等の閣議決定に関する国会事故調委員長声明」

 
国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会
http://www.naiic.jp/
2012年02月02日(木)
「原子力組織改革法案等の閣議決定に関する国会事故調委員長声明」を発表しました。

http://www.naiic.jp/blog/2012/02/02/

委員長声明 (PDF)
http://www.naiic.jp/wp-content/uploads/2012/02/Seimei_20120202_ja.pdf

2012年2月2日


原子力組織改革法案等の閣議決定に関する
国会事故調委員長声明



 政府は、去る1月31日、原子力組織改革法案及び原子力安全調査委員会設置法案を閣議決定しました。

 私が委員長を務める東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)は、法律に基づき、国会に設置された委員会です。その法律によれば、本委員会は、今般の事故を踏まえた「行政組織の在り方の見直し」を含め提言を行うことを任務の一つとしております。

 本委員会がかかる役割を担い、昨年12月から調査を行っている最中であるにもかかわらず、政府が「組織の在り方」を定めた法案を決定したことは、私には理解できません。

 政府の決定の見直し及び国会における責任ある対応を求めます。


東京電力福島原子力発電所事故調査委員会
委員長 黒川 清

関連
東京電力福島原子力発電所事故調査委員会法
http://aja.seesaa.net/article/253118643.html
原子力組織制度改革法(案) - 内閣官房
http://aja.seesaa.net/article/253123346.html

委員長声明配布先 (PDF)
http://www.naiic.jp/wp-content/uploads/2012/02/Haihusaki_20120202.pdf

国会事故調委員長声明の配布先:

 ・内閣総理大臣

 ・衆議院議長

 ・参議院議長

 ・全衆議院議員

 ・全参議院議員


Announcement by the Chairman (PDF)
http://www.naiic.jp/wp-content/uploads/2012/02/Seimei_20120202_en.pdf

February 2, 2012



Announcement by the Chairman of the
Fukushima Nuclear Accident Independent Investigation Commission
Regarding the Cabinet Decision on the Nuclear Power Organization Reform Bill



A cabinet decision was made on the Basic Policy on the Reform of an Organization in charge of Nuclear Safety Regulation and on the creation of a "Nuclear Safety and Security Agency (NSSA) (tentative)" on January 31, 2012.

The Fukushima Nuclear Accident Independent Investigation Commission (“NAIIC”) has been chartered by the National Diet of Japan in compliance with applicable Japanese law. According to the law, one of the purposes of NAIIC is to provide suggestions including the “reexamination of an optimal administrative organization” based on the investigation findings about the nuclear accident in Fukushima.

NAIIC has started its investigation in December of last year and yet to finish the investigation. Accordingly, NAIIC has not made any conclusion on the “reexamination of an optimal administrative organization.” In light of these facts, it is very hard to understand how the cabinet decision has been made in absence of a reexamined optimal administrative organization.

I would like to request reconsideration of the cabinet’s decision and responsible actions to be taken by the Diet.


Fukushima Nuclear Accident Independent Investigation Commission
Kiyoshi Kurokawa
Chairman


posted by - あじゃ - at 09:44 | TrackBack(0) | でんき関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。