2012年04月03日

2012年4月3日 原子力安全委員会「『SPEEDI計算結果の公表に係る基本方針』の策定の経緯について」

 
世界版SPEEDI 「全部公表」データに穴
東京新聞 2012年4月3日 07時04分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012040390070429.html
 東京電力福島第一原発事故の際、文部科学省の依頼で日本原子力研究開発機構(原子力機構)が放射性物質の拡散を予測した「世界版(W)SPEEDI(スピーディ)」の試算結果の一部が、一年以上たった今も公開されていないことが分かった。緊急時に原発周辺への拡散を予測する国内版の「SPEEDI」と同様に公表対象だが、試算結果が原子力安全委員会に送られたため、依頼主の文科省と安全委のどちらが公表するか宙に浮いたままになっている。
2012040399070429.jpg
 未公表となっているのは、東日本大震災から五日目の昨年三月十五日に行われた試算結果。本紙が独自に入手した原子力機構の説明書によると、千葉市で観測された放射性物質の濃度を基に、WSPEEDIを使い一時間当たりの放出量を推定した。

 試算によると、千葉で観測された放射性物質は三月十四日午後九時ごろに放出され、濃度はヨウ素が毎時一〇テラベクレル(一テラは一兆)だった。十五日朝に房総半島まで広がったとみられる。原子力機構は添付文書に「計算の精度は比較的高い」と記している。

 濃度はピーク時の千分の一程度だった。

 文科省によると、この試算の翌日の十六日に官邸で放射線モニタリングに関する省庁間の協議があり、測定値の評価は安全委が担当することに決まった。WSPEEDIなどへの言及はなかったが、同省はそれらの運用も安全委の担当になったと解釈。試算結果を同省でなく、安全委に送るよう原子力機構に指示した。

 原子力機構は、その日のうちにメールで安全委に送付。しかし、文科省と安全委の間の連絡が不十分で、昨年五月に文科省がWSPEEDIの試算結果をホームページで公表した際は、双方ともこの試算結果の存在に気付かなかったという。

 安全委は当初、本紙の取材に「結果は届いていない」と回答したが、その後、担当者のパソコンに届いていたことが分かった。

 政府は結果を公表する方針だが、文科省、安全委とも「自らが発表する立場ではない」と主張。互いに公表の責任を押しつけ合う事態になっている。

 放射性物質の拡散予測をめぐっては、文科省などが事故直後からSPEEDIで試算を重ねながら結果を公表せず、批判を招いた。昨年五月に政府は全面公開を表明。文科省はWSPEEDIの結果もSPEEDIに準じて、すべて公表したと説明していた。

 政府はSPEEDIについて「計算条件を設定した機関が公表する」としており、これに従えば文科省が公表することになる。




原子力安全委員会
http://www.nsc.go.jp/higashinihon.htm
文部科学省 緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)を活用した試算結果
http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/index.html

図@http://dl.dropbox.com/u/69052619/12/04/03/nscsp1.png
図Ahttp://dl.dropbox.com/u/69052619/12/04/03/nscsp2.png
図Bhttp://dl.dropbox.com/u/69052619/12/04/03/nscsp3.png

 @【参考】「SPEEDI計算結果の公表に係る基本方針」の策定の経緯について(新規ページ)
 http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/houshin_keii.html
 追加(pdfx6含む)
「SPEEDI計算結果の公表に係る基本方針」の策定の経緯について

平成24年3月30日
原子力安全委員会事務局

(以下略)
 http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/houshin.pdf
 http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/houshin_keii/siryo1.pdf
 http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/houshin_keii/siryo2.pdf
 http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/houshin_keii/siryo3.pdf
 http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/houshin_keii/siryo4.pdf
 http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/houshin_keii/siryo5.pdf

 ASPEEDIによる積算線量試算の追加公表についてpdf追加
 http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/tsuika.pdf





原子力安全委員会
「SPEEDI計算結果の公表に係る基本方針」の策定の経緯について
http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/houshin_keii.html

図@http://dl.dropbox.com/u/69052619/12/04/03/nscsp4.png
図Ahttp://dl.dropbox.com/u/69052619/12/04/03/nscsp5.png

 pdfx1追加ほか
 http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/houshin_keii_ikkatsu.pdf





2カ月後も押し付け合い 放射性物質拡散予測の公表めぐり
共同通信 2012年4月3日
http://www.kyodonews.jp/feature/news05/2012/04/post-5255.html
 文部科学省と原子力安全委員会が東京電力福島第1原発事故の発生から2カ月近くたった昨年5月初旬、福島第1原発から放出される放射性物質の広がりを予測したデータをどちらが公表するかをめぐり、押し付け合いをしていたことが3日、分かった。両者が交わした文書を、安全委が公表した。

 文書によると、公開を押しつけ合ったのは、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による拡散予測結果のうち、昨年5月初旬の時点で発表漏れとなっていた一部のデータ。

 文科省は、SPEEDIの計算機を管理する安全委などが公表するべきだと主張。これに対し安全委は、システム全体を所管する文科省が公表するべきだと反論。文書が数回取り交わされた。

 SPEEDIをめぐっては、事故直後に拡散予測データが公表されず、住民の避難に役立てられなかったと批判を浴びた。文科省は事故後の昨年3月中旬、SPEEDIの運用を安全委に移管。福島第1原発事故の民間事故調査委員会は、移管は一方的で公表遅れの原因となったと指摘している。




安全委が公表すべきだ 世界版スピーディ 文科相が見解
東京新聞 2012年4月3日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012040302000248.html
 東京電力福島第一原発事故で広範囲の放射性物質の拡散を予測する「世界版(W)SPEEDI(スピーディ)」の試算結果の中に公表漏れがあった問題で、平野博文文部科学相は三日の閣議後会見で「試算結果が届けられた原子力安全委員会の方で公表するものだと思う」と述べ、文科省は主体的に公表する立場でないとの見解を明らかにした。

 今後について、平野氏は「文科省や安全委のどちらがということではなく、協議して公表すればいい」と説明。事故から一年以上公開漏れになっている原因については「結果的には文科省と安全委の連絡が不十分だったと思う」と認めた。

 公表漏れになっているのは、文科省が昨年三月十五日に日本原子力研究開発機構に依頼した試算結果。翌十六日に放射線モニタリングでの省庁の役割が決まったことを受け、測定値の評価を担当することになった安全委に結果が送られた。文科省にも結果は参考として届いており、公表をめぐって文科省と安全委の見解が対立している。

posted by - あじゃ - at 08:51 | TrackBack(0) | でんき関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。